オリジナルTシャツをプリントオーダーする際の注意点にまず、
プリントをしようと思っているデザインを完全に
オリジナルにすることです。

気をつけるべき

すでに存在するデザインを真似したり、有名人の写真、
漫画のキャラクターなどを無断でプリントすると
著作権の侵害になってしまうのです。

誰が見ても分かるようなデザインですとプリント業者の方でも
ストップが掛かりますが、しかしながらデザイン次第では
オリジナルTシャツを作れてしまうこともあります。

確認して

結局のところは依頼する側のモラルによるところが
大きいサービスでもありますので、オーダーする際には
著作権に気を配って頼むようにしなければいけません。

オリジナルTシャツの完成イメージをよく確認をした上で
依頼をすることも大切です。

例えば選ぶTシャツのサイズとプリントするデザインの
サイズによってはミスマッチを起こすことがあります。

思ったよりもデザインが小さなプリントになってしまう
ようなこともありますので、よくよく仕上がりについての
確認をしておかなければいけません。

オーダーする制作方法によっては劣化するのが
早いことを知っておくのも、上手にオリジナルTシャツを
作るポイントです。

制作方法の主流になっているのがインクジェットプリントですが、
発色が良く尚且つ安価に作ることができるという良さがある一方、
劣化も早い作り方です。

長く使用し続けたいと考えている場合ですと
あまり向かないこともありますので、どのような作り方になるのか
確認をしておいた方が良いでしょう。

難しくない

最近では、手作りやDIYにハマる人が増えて来ました。

中でも、手作りTシャツは簡単に作れてオリジナリティが高いので
オススメです。
こちらの手作りプリントTシャツの作り方をご紹介します。

まず初めに、用意する物は無地のTシャツ、パソコン、プリンター、
専用のプリンター用紙(今回は、ご自宅で出来る様に
アイロンで貼り付けるタイプのもの)、アイロンです。

簡単で

次にデザインしたい物を用意します。
こちらは、直接パソコンに内蔵されているソフトで文字などを
書いてもいいですし、お子様が描いた絵画などを
プリンターでスキャンして、パソコンに読み取っても大丈夫です。

プリンターに専用の用紙をセットして早速、印刷をしましょう。
仕上がった用紙をTシャツの好きな場所に置き、
上からアイロンを掛けて用紙を剥がします。

冷めるのを待って少し伸ばしてみましょう。
これで世界で1枚だけのオリジナルプリントTシャツの完成です。

専用のプリント用紙はデザインが反転する物や、
洗濯に弱い物もあるので気をつけて用意して下さい。

プリントTシャツといっても、とてもシンプルな作り方なので
一度試してください。