選挙でも高い宣伝効果を発揮

のぼり旗は、宣伝販促の効果が非常に高いツールです。風でなびくため人間の目を引きやすく、自然と印刷されている内容が頭に入ります。そのため販促活動のあらゆる場面で使われていて、代表的な例がコンビニです。

コンビニ店のぼり旗

コンビニでは店頭に立てて新商品をアピールしたり、店内でも棚やレジ横などにミニサイズののぼり旗を置いて、商品のアピールをしています。

あらゆる場面で高い販促効果を発揮するのぼり旗は、選挙用ツールとしても有名です。

選挙で当選するためには、有権者に名前を憶えてもらわなければいけません。名前を覚えてもらうため候補者の名前を連呼しながら選挙カーで回ったり、街頭演説をしています。しかしこれだけでは名前を憶えてもらうのは難しいので、のぼり旗も使用しています。

選挙カーに立てるだけでより目立ちますし、駅前などで街頭演説をするときにも、後ろに立てておくと通りすがりの人にも
名前を覚えてもらえます。

優秀な選挙用ツールとして多くの候補者が使用しているので、国政選挙や地方選挙に立候補したら必ず擁しておきましょう。

選挙用ツールでも店舗や企業の販促用などと同じく、専門の通販
サイトで購入することができます。

デザインで想いを伝える

選挙用ののぼり旗には、さまざまな効果があります。最も大きな効果は、名前を覚えてもらうための手助けです。候補者が街頭演説や選挙カーから名前を連呼しても、聞き取りにくかったり騒がしかったりすると、街の人たちには聞こえにくく頭に定着しません。

しかしのぼり旗を使うことで、耳からではなく目から情報が入ってきます。顔写真を印刷しておけば名前と同時に顔も覚えてもらえるので、知名度アップに貢献してくれるでしょう。知名度を上げる効果のほかに、候補者の想いを有権者に伝えられるツールでもあります。

有権者に強く訴えたい内容をフレーズにしたキャッチコピーを使えば、共感してくれる人は増やせます。また環境問題の解決策を訴えたいなら、グリーンをメインにしたデザインが良いでしょう。

グリーンはエコの象徴的

グリーンはエコの象徴的なカラーなので、キャッチコピーなどと同じく環境保護を重視しているとのぼり旗全体でアピールすれば、候補者の想いが伝わりやすくなります。

選挙で使用するのぼり旗は、デザインが何よりも重要です。大切な候補者の想いを有権者に広く知ってもらうためにも、デザインは検討を繰り返しながらオリジナル品を制作するのがおすすめです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)