ソーシャルディスタンスを守って感染予防!お弁当を売っている飲食店にうってつけののぼり旗

お弁当ののぼり旗を立てるのはメリットがたくさん!

コロナ対策お弁当をテイクアウトして家で食べるのは、最近流行っているいわゆる
「おうちごはん」になります。

感染予防のため、ソーシャルディスタンスを保つため必然的に近くの飲食店
や帰り道に簡単に寄れるようなお店を利用する機会は増えます。

働く人にとってお昼のランチならば、会社の近くで利用するのが通常です。

そんな時に仕事帰りや日常で目にしやすい店に、お弁当あります・テイク
アウトOK!・おいしいお弁当販売中!などとのぼり旗が立っていると
お客としては利用しやすくなります。

 

のぼり旗はシンプルですが認知効果は高く、他のメディアと比較しても
集客効果が大きいです。

生活を送る中で看板やのぼり旗は、日常の中になんとなく目にしています。

まずどんなことをやっているのかサービスの存在を認知し、そのサービスが
自分にとって必要になったときに、そういえばあのお店はやっていたなどと
気づきます。

 

必要になった日も変わらず営業・サービスが続いていれば、利用すると
いう流れです。

お店の目の前に実際に購入に来た人だけではなく、普段から通りかかる人
たちに向けてPRができ、訴求できるという意味でもとても優良な
コンテンツと言えます。

たくさんの瞬間に役立つことをリーズナブルにPR!

宣伝テイクアウトは普段から、お家でご飯を自炊するのが面倒な時・スーパーが
お休みの時・コンビニ弁当に飽きた時などに役立ちますが、昨今のコロナ禍での
感染予防・ソーシャルディスタンスの確保のためには特にその魅力が顕著です。

そういえばあの飲食店でお弁当をテイクアウトできると多くの人に頭に
浮かべさせるために、普段からののぼり旗でのPRが効いてきます。

 

ぱっと発想できるようにあらかじめ認知しておいてもらうためには、
少し長期的に手を打っておく必要があります。

のぼり旗は認知度アップには最適で、わかりやすさが大きな特徴です。

一目で何が言いたいのかがわかりますし、見ている人に必要な情報か
どうかも数秒で判断できます。

 

のぼり旗は訴求効果がただ高いだけではなく、リーズナブルという特徴もあります。
素材や凝り方にもよりますが、基本的に安いです。

値段は安く、道行く人に対するPR効果は抜群という大きな2つのメリットを
兼ね備えています。

費用を安く抑えられるので、2つ3つとのぼり旗を追加をしてさらに目立たせる
ことも簡単です。

 

しかも、長期の設置もさほど費用を気にする必要がありません。

遠くからでも目を引くため、全てに注目をさせるのにさほど時間もかからない
優良な宣伝になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)