インターネットを使ってオリジナルのぼり旗を作るのぼり旗を多く使ってきた方が、後に大量の使い古し品になってしまうことがあります。
お店などを経営してきた方が廃業をしたり、業態を変更することで不要品になる場合も
見られます。

のぼり旗は大量で安価でつくり、屋外用として使われているものも多く、比較的丈夫な
素材で作られています。のぼりを活用するためにはどのような方法たくさんあります。

天候に関係なく利用できるように工夫されていることから、
構造上では簡単なものですが、使われている素材は耐久性の高いことが特徴です。

使わなくなったのぼり旗を処分する方法では、旗の部分に対しては一般的な繊維品と
同じように処分できます。

お住まいの地域で変わることになりますが、燃えるごみとして廃棄することが
できる場所があります。豆知識■一般的なのぼりのサイズはどれくらい?

ポール部分に関してはステンレス製や樹脂製に分かれていますが、自治体によっては
小さくカットや折り曲げをして、専用のゴミ袋に収納できるのであれば、そのまま
簡単に廃棄できます。

プラスチック製のポールや土台の場合ではプラスチックとして
リサイクルゴミで廃棄することもできますが、土台が石の場合では
各自治体に問い合わせを行うことが必要です。

のぼり旗は設置場所によっては劣化も早くなり

 

環境省のデータとともに見る日本のごみの排気量

ところでかねてより石油をはじめほとんどの資源を輸入に頼る日本では、資源の有効活用を実現する上でごみをリサイクルで再利用することの重要性が叫ばれてきました。
最近では二酸化炭素排出量削減の観点からも、資源の有効活用をシステマティックに全日本規模で推進するべく、3R(リデゥース・リユース・リサイクル)社会の実現に向けて産業界だけでなく、ゴミ分別の厳密化など全国民規模でもとりくんでいるところです。
それでは実際のゴミの排出量の動向は、どのようになっているのでしょうか。

環境省が発表しているデータによると平成29年度の日本のゴミの総排出量は4,289万トン、東京ドームに換算すると約115杯分、国民一人当たり1日の排出量は920グラムになっています。
単体の数字だけで見るとイメージを把握するのは難しいですが、平成23年度以降減少傾向が継続しており、政府の基本方針でベースラインとしている平成24年度の4,523万トンを5年連続で下回っているのが原状です。

より長いタイムスパンでは昭和60年度の4,290万トンで、以降は年々増加を続けていました。平成12年度にはピークの5,483万トンで、それ以降ようやくもとの数字に戻りつつある状況といえます。
このゴミ排出量の減少トレンドをみると、平成12年(2000.年)の「環境型社会形成基本法」が交付された影響を見て取ることができ、地球環境問題の解決に向けて全日本規模で取り組んできたことの成果を見て取ることが出来るのではないでしょうか。

このようなゴミ排出量の減少と密接に関係しているのは、リサイクルの推進にあるのは言うまでも有馬戦。もっとも「リサイクル」という言葉には、いくつかの方法論の組み合わせであり、ゴミの種類に応じて最適の方法を選択し、産業ごとの最適会をたゆまなく追及することが求められています。
水平リサイクル、つまり使用済みの製品が回収されて同一の製品で再利用されるのが理想的といえます。具体的にはアルミ缶を再びアルミ缶に再利用するというのが典型的です。

しかし各市場には様々な製品が存在しており、消費者のニーズに見合った製品を生産する場合はそれぞれの製品の特性に見合ったリサイクルのあり方を模索する必要があります。
リサイクルを検討するうえで大事なのは、リサイクル効率であり、消費資源やエネルギーの削減であり製品の需要にこたえる品質の維持です。
資源消費を節約しながら、消費者にも遡及できるものづくりのあり方を常に探求しブラッシュアップすることがより求められていくことになるはずです。